歩く時つま先が内側に向く原因(北九州の外反母趾、足のトラブル専門店のブログ)

query_builder 2023/04/13
ブログ

こんにちは!!


楽足院院長で理学療法士小田です。


歩く時につま先が内側を向いている状態を「内旋歩行」といいます。


内旋歩行になると足の親指側に荷重が偏ってしまう為、外反母趾になりやすくなるリスクがあります。


骨格の異常は、大腿骨頚部(脚の付け根部分)前捻角過大や下腿(すねの骨)内捻、内転足が原因となります。


股関節内旋・外旋の可動域を計測し、内旋が優位であれば、大腿骨頚部前捻角過大の影響が強い場合が多いです。


膝の皿を正面にして脛を観察します。 内くるぶしと外くるぶしを結ぶ線が内側を向いていれば、下腿が内捻していることになります。


最後に足部を観察して、足が内に曲がっている内転足があるかどうかを確認します。


筋バランスの異常は、脳性麻痺などの神経筋疾患が原因となったり、股関節外旋筋(大殿筋など)の筋力が弱い場合に生じます。


足の構造が原因となっている事もあります。


総合的に足に負担がかかりにくい状態にしていきましょう。


次回も豆知識を書いていきたいと思います。


良ければご覧ください♪


----------------------------------------------------------------------

店名:「楽足院」らくそくいん

   (レンタルサロン「湊」みなと

    理学療法士国家試験個別指導塾「湊」みなと)


院長:理学療法士 小田隆宏

          ・理学療法士として15年以上業界に携わる。

    ・理学療法士養成校教員歴7年。

    ・現在、足のトラブル専門院「楽足院」院長として

     足のお悩みを運動学、解剖学の観点から解決

     するお手伝いをしています。


住所:福岡県北九州市八幡西区竹末1丁目1-2オアシス竹末202号室


電話:090-4515-9603


e-mail:info@insoleminato.com

ご予約は電話、メールもしくはホームページよりお願いいたします。

レンタルサロンとしてもご利用頂けます。お気軽にご相談下さい。

★ホームページ見られた方カウンセリング無料で実施しています★

---------------------------------------------------------------------

記事検索

NEW

  • 外反母趾になりやすい人の特徴(福岡、北九州の足のトラブル専門店のブログ)

    query_builder 2024/06/07
  • 外反母趾を放置するとどうなるのか(福岡、北九州の足のトラブル専門店のブログ)

    query_builder 2024/05/30
  • 外反母趾の原因について(福岡、北九州の足のトラブル専門店のブログ)

    query_builder 2024/05/20
  • 外反母趾は治るのか?②(福岡、北九州の足のトラブル専門店のブログ)

    query_builder 2024/05/07
  • 外反母趾は治るのか?(福岡、北九州の足のトラブル専門店のブログ)

    query_builder 2024/04/25

CATEGORY

ARCHIVE